妊娠線の予防でニベアを使う!効果的な塗り方とは?

妊娠線の予防をしっかりとしていきたいという妊婦さんは多いと思います。しかし、妊娠線の予防で使うクリームやオイルは、お値段安めの使いやすいものとすすめられていても、実際には普通に考えると高いものですよね。妊娠線の予防で使うオイルやクリームは2000円以上するものが多いです。高いものだと一つで7000円以上しますよね。どこの薬局でも購入することができるニベアのクリームならば500円前後で購入することができます。ニベアで妊娠線の予防はできないのでしょうか。

 

ニベアを使って妊娠線を予防する

妊娠線を予防するために必要なのは、妊娠線の専用クリームということではなくて妊娠線に効果を発揮するクリームです。妊娠線の予防をするために必要なのは、保湿力です。妊娠線はお腹が大きくなっていって真皮や皮下組織が伸びることに限界がきて裂けてしまうことで起きる症状です。お腹が大きくなるということは妊娠中なので当然のことです。肌の伸びをよくすることで妊娠線ができずらくなるのですが、肌を柔らかくして伸びをよくしていくためには、保湿していくことが重要になります。肌は潤いを与えることで柔らかくなります。ニベアのクリームはホホバオイルとスクワランが配合されている保湿力が高いものです。ニベアは値段の安いクリームだけどしっかりと保湿することができるのです。

 

妊娠線予防のニベアの塗り方

ニベアにはたくさんの種類のクリームがあります。どれも手頃な値段なので好みのものを選んで使っていきましょう。妊娠線の予防でニベアを使っていく場合は、ちびちびと使うのではなくてたっぷりと使うことが大切です。たっぷり使うことで十分な保湿効果を発揮していくのです。妊娠線の予防でニベアのようなクリームを使用していく場合は、朝夜の1日2回で塗っていきましょう。ニベアを塗るときは、お腹だけではなくて、太ももやお尻まわりまで塗っていきましょう。バストにも妊娠線はできるのでバストにも塗ることをおすすめします。クリームの塗り方はおへその周りを時計まわりで円を描くようにマッサージしながら塗っていきます。下腹部は小さな円を描くようにして塗ったり、下から上へ、上から下へとマッサージをしながら塗っていきましょう。基本的にクリームを塗るときは下から上に向けて塗っていきます。体の表面まらば下から上へ、体の背面ならば上から下へと体の流れにそってマッサージしながら塗っていきましょう。

 

効果的な妊娠線予防ならニベアにオイルや化粧水をプラスする

ニベアは青缶などのラインナップになるとクリームが固くてうまく伸びないのでマッサージがしにくいです。そんなときは、オイルや化粧水などと混ぜて使うと伸びがよくなって塗りやすくなります。お風呂上がりの少し濡れた肌などにも塗りやすいです。妊娠線の予防のケアをするときに、強すぎたり過度にマッサージをするとお腹が張ってしまうことがあるので気をつけていきましょう。体調が悪いときなども休むことを優先していきましょう。

 

妊娠線の予防は早めに始めよう

妊娠線の予防は早めに始めるほど良いと思います。お腹が大きくなることで妊娠線ができるのだから、大きくなる前に予防していくのが当然ですよね。妊娠線は一度できてしまうと、ケアをしても薄くなることはありますが消えることはありません。妊娠線の予防をしていくのに、お金をかけたくないのならばニベアがおすすめです。しかしニベアでは少し不安だと思う人は、妊娠線専用の予防クリームなどを使うことをおすすめします。クリームだけではなくてオイルで予防していくという方法もあります。妊娠線の予防は毎日継続して行っていくことで効果があります。たった1日サボってしまっても、妊娠線が出てしまう場合もあるのです。